ライトワーカーはクレアボヤントスペックホルダー?

 

クレアボヤントのオーラとチャクラの視え方や脳のリミッターの外し方と実際にオーラを見る方法について。ヴィジョナリーと言われる現象を通し過去世の捉え方と合わせて未来はひとつではなく無限の可能性に溢れているという実例をいくつかご紹介しています。ヒーリングでどの様に未来が変わるのかなど詳しく解説をしていますので一緒に見ていきましょう!

<スポンサーリンク>

【ライトワーカーはクレアボヤントスペックホルダー?オーラとチャクラの関係とは!】

 

ライトワーカーという言葉をご存知でしょうか?

 

ライトワーカーという概念は老舗のエンジェルサイトを運営しベストセラー作家でもあるメラニー•ベックラーさんが紹介をしている『11のスペックホルダー』のことを指します。

 

11のスペックホルダーのひとつにpsychicのクレアボヤントとヴィジョナリーというスペックがあります。

 

まずは

『クレアボヤント(Clairvoyant)』にフォーカスをして詳しくみていきましょう。

 

 

『クレアボヤント(Clairvoyant)』

 

クレアボヤントはフランス語が語源の

透視能力者のことです。

 

第3の目(サードアイ)で通常の視覚では視えない世界のエネルギーなどを知覚する鋭い洞察力を指します。

 

クレアボヤンス( clairvoyance)という言葉もフランス語が語源ですが『クリアに見る能力や透視能力、千里眼』という意味合いで遣われます。

 

 

 

クレアボヤントは多くの人が視えないと想っている世界を視るスペックのことですが『脳の機能』を活用します。

 

例えばこんな経験はありませんか?

 

『この花は紫式部という名前の花です。花言葉は聡明、上品、愛され上手です』と聴いたときに心に残りました。

 

それからというもの紫式部の花を至る所で発見するようになるのです。

 

他には

 

妊娠をすると世の中に妊婦さんばかり目につくようになったり…

 

ベンツがほしいと想うと街中にベンツが走っていて驚いたり…

 

脳には数多くの情報の中から自分の望む結果だけを見せる機能があります。

 

それが脳の証拠集めの機能です。

 

自分の中にない概念を知りたい場合はまず自分自身が認識をする必要があるのです。

 

自分の中にないということ=盲点です。

 

『紫式部の花』を知らなければ、毎日咲き誇る花を見ていても脳には認識されないため見えてない状態と同じです。

 

ベンツも然り。

 

盲点を無くし脳が認識をすることを許すことで『今まで見えなかったもの』が突然目の前に顕れる現象です。

 

この世界はアインシュタインが証明をした『すべてがエネルギー』です。

 

エネルギーの周波数の違いで見え方も視え方も観え方も違ってきます。

 

 

関連記事 引き寄せの法則とはスピリチュアルの成功体験?幸せの法則!

 

 

 

まずは先入観を捨て脳のリミッターを外し盲点を無くして世界を眺めてみてください。

 

 

『この世界はすべてがエネルギーです。エネルギーでないものは存在できません』

 

 

人間も犬も猫も机も椅子も…すべてが周波数の違うエネルギーです。

 

 

 

エネルギーが周波数の違いなら…

 

 

周波数=振動数=波動です。

 

 

振動は目には見えませんが空気を震わせ周りに波及していきます。

 

水の中に水滴を一滴落とすと水面に美しい波が起きますね。

 

 

関連動画  https://youtu.be/aqaoS7N0e80

 

 

その一滴の水滴が水の周波数に変化を起こすことで水面に美しい波(波動)が現れて肉眼でも見ることができるのです。

 

宇宙は真空状態のため音が伝わらないのは空気=酸素が無いからです。

 

空気がなければ振動が伝わらないと理科の実験で習いますね。

 

 

地球は空気=酸素で満たされています。

 

その空気は様々な周波数で振動をしています。

 

いろいろな音が聞こえる原理です。

 

波動と表現をした方がわかりやすいですね。

 

その波動が空気を振動させることで空気のない宇宙へと波及をしていくのです。

 

地球を楽器に喩えるなら…愛に満ち溢れた美しい音色なのでしょうか?

 

低い周波数の波動よりも高い高次元の周波数で愛の美しい波動を宇宙に届けるためにも一瞬一瞬の思考を美しく保つことはとても大切です。

 

それが『引き寄せの法則』の本質だからです。

 

 

関連記事 シューマン共振の周波数7.83㎐の効果は?波動が脳波に影響?

 

 

『バタフライエフェクト(Butterfly effect)』

 

バタフライエフェクト(Butterfly effect)という言葉をご存知でしょうか。

 

『ブラジルの蝶の羽ばたきがテキサスで竜巻を起こすのか?』

 

気象学者のエドワード・ローレンツによる

蝶がはばたく程度の非常に小さな空気の撹乱でも、遠くの場所の

気象に影響を与えるのかどうか?」という疑問に

 

蝶の羽ばたきほどでも、わずかな変化が無かった場合とでその後の状態が大きく異なってしまうという現象のこと

 

 

子供用のビニールプールを思い浮かべてみてください。

 

子供達が動く度に波が起こりますが、その波はプールの縁に当たると中心へ戻ろうとする性質がありますね。

 

もし苦手な虫でも浮いていたら『キャーあっちにいって〜』と波を起こして遠ざけようと大騒ぎになるのではないでしょうか。

 

その結果何が起こるのかというと…プールの縁で波が跳ね返り虫を乗せ自分のところに戻ってきます。

 

簡単に説明をすると…それが『引き寄せの法則』です。

 

わかりやすく苦手な虫(恐れのego)を例にしましたが…

 

宇宙に恐れの波動を送れば、その結果として恐ろしい現実を引き寄せることになります。

 

『愛』に置き換えてみてください。

 

『愛の周波数=振動数=波動』を宇宙に届ければ愛に満ち溢れた現実を引き寄せ生きることになります。

 

脳には人と自分の区別は理解できません。

 

オートパイロットといって自分の発する言葉は自分の脳だけに認識されます。

 

それが言霊の本質です。

 

悪口ばかり言っている人が低い周波数で生きていればどんな結果に繋がるのか…

 

先程オートパイロットは自分の言葉だけを認識するとお伝えしましたが…

 

思考だけでなく発する言葉も自己実現の鍵になります。

 

口癖が人生を創るのです。

 

 

隣の奥さんを見かけたら『あら…奥さん今日も美しいですね』と声をかければ?

 

自分の声を認識した脳が隣の奥さんではなく自分自身を美しくするのです。

 

 

脳の機能には他にも様々ありますが今回は

クレアボヤンスという生まれながら全ての人に備わっている機能について一緒に見ていきましょう。

 

脳のリミッターの外し方『オーラ』

 

例えば…

人の周りには『オーラ』というものがありますが殆どの人が見えないと思い込んでいます。

 

よく芸能人や有名人に対して感じる

『あの人にはオーラがある』と言うアレのことです。

 

 

もし何かを見たとしても多くの人は気のせいや勘違いにしてしまいがちです。

 

『確か今見えた気がしたけど…気のせいか勘違いかも』と無かったことにしてしまいます。

 

 

わたしは観ようとしたことも1度も無ければ視たいと想ったこともありませんが…

 

起きる現象をそのまま受け入れます。

 

その現象について調べ尽くします。

 

その結果後付けで必ず答えが見つかるのです。

 

ある時

真夜中の街灯の光源周りに虹が視えたことがすべての始まりでした。

 

わたしはその光景がとても美しく不思議で興味深く観察をしました。

 

色の順番をメモにして調べた結果…

『色の三原色』の順番通りだったことに衝撃を受けたのを昨日のことのように覚えています。

 

わたしは『色の三原色』を知らなかったため調べたことによって知識を得たのです。

 

そこから更に様々な現象を体験していきました。

 

脳の認識機能はひとつ知る毎に広がっていくことも知りました。

 

わたしが大脳生理学や脳科学に興味を持ったきっかけです。

 

それからは夜の街が虹で溢れるようになりました。

 

虹には特徴がありました。

 

白熱球の周りには美しい虹が視えるのに、

蛍光灯の光は鋭い針のような形をしているのです。

 

自動販売機の光も鋭い針のような光が飛び出していて目に刺さります。

 

 

 

その光が目に刺さると頭痛になることもわかりました。

 

わたしの部屋には岩塩ランプの間接照明の淡い光しかありませんので偶に子供が暗闇で『誰か電気をください』と呟いてます笑

 

 

 

脳の機能は素晴らしく…そのうちに人の周りにも虹が視えることがわかりました。

 

そして…虹の色が混ざり合うことで白い色になることもその虹を観察していて知りました。

 

人が楽しい状態だと白い靄の縁取りが薄っすら と 黄色みを帯びていることにも気が付きました 。

 

脳のリミッターの外し方『チャクラ』

 

あるワークショップに参加をしていたときでしたが

 

講師が熱弁を奮っているその頭上に紫色の円錐をひっくり返した形のものが浮いているのが視えました。

 

目を凝らしてよく視るとその紫色の円錐の漏斗(ジョウロ)のような形のものにエネルギーが流れ込んでいるのも視えました。

 

後々調べて辿り着いた答えが『チャクラ』だったのです。

 

わたしが観た光景がそのまま絵で紹介をされていたのです。

 

その講師の身体の周りのモヤの縁取りは…薄っすらとブルーでした。

 

智慧ににフォーカスをしているとブルーになることもこの時知りました。

 

そのときの状態により活性化しているチャクラの色が身体周りに顕れているのだということを観ていてなんとなくわかりました。

 

智慧にフォーカスをしているときはブルーなのだと。

 

そして更に後に知るのですが…

 

チャクラの色と虹の色の順番が同じだったのです。

 

モヤは『オーラ』と呼ばれていることも知りました。

 

これらのことは

人に聴いて答えの出ない分野です。

 

 

ヒーリングのセミナー講師にも質問をしたことがありますが、見たことのない人に富士山を説明するようなものなので諦めました。

 

 

よく『科学で証明できないことは信じない』と仰る方がいらっしゃいますが…

 

ここだけの話ですが…

 

わたしは反対に

『科学で証明できないのなら否定もできないということですね?否定する根拠を科学的に証明してもらってもいいですか?』と心の中で突っ込んでます…

 

 

 

観ようとしているわけではないので『観せられている』と表現をした方が正しいのかもしれません。

 

 

先入観を持たず起きる現象をただ受け入れていく…

どんどん脳の機能はアップバージョンをしていきます。

 

 

ひとつ気をつけなければならないことは…

4次元の世界には興味本位で近寄らないこと!

 

言及することは控えますが…

 

4次元を垣間見るということはあちらからもみえるということを意味しますので。

 

 

 

常に5次元の高次元の周波数にチューニングし続けることをオススメします。

 

 

 

 

関連記事 ハイヤーセルフと繋がる方法?世界創造のたった1つの秘密!

 

 

 

オーラを確認する簡単な方法があります。

 

薄暗い部屋の白い壁の前に手のひらを置きます。

 

その手のひらから視線を外し暫く凝視していると…

 

白いモヤがぼんやり視えてきます。

 

それが『オーラ』です。

 

オーラは誰にでも見えるものです。

 

学校で『オーラを見る方法』を習わないだけです。

 

オーラを治療に活かすこともできます。

 

 

1番大切なことは自分の発言が人に大きな影響を与えるということを常に念頭に置いてください。

 

そのあなたの一言で他の人の人生を変える可能性もあるのですから。

 

Poweもエネルギーも人の幸せのために愛に基づいて使われなければならないのです。

 

<スポンサーリンク>

スパイダーマンのピーターにベンおじさんの遺した言葉

 

『忘れるな。大いなる力には大いなる責任が伴うんだ

Uncle Ben: Remember, with great power comes great responsibility.』

 

 

ここからはヴィジョナリーについて詳しくみていきましょう。

 

【ライトワーカーはクレアボヤントスペックホルダー?ヴィジョナリーとの違いについて!】

 

ヴィジョナリーという言葉をご存知でしょうか。

 

同じ視ることには変わりがありませんが…

先程のクレアボヤントが現象をありのまま視ることに対しヴィジョナリー(visionary)とは幻視という現象を指します。

 

 

『幻視芸術』という芸術の分野は特に有名で、歴史の中でも数多くの美術作品や民族文化を生み出してきました。

 

その分野で著名な人には

 

ウィリアム•ブレイク

ルドルフ•シュタイナー

カール•グスタフ•ユング

 

1度は彼らの名前を聴かれたことがあるのではないでしょうか。

 

ヴィジョナリーVisionaryには

幻、幻影、幻想、白昼夢、実現不可能、想像力、先見の明という意味もあります。

 

 

自分の全く意図しないときに勝手に映像が流れ込んでくるときもあります。

 

意識がはっきりして起きている状態のときに

視界の外れた場所に違う映像を眺めている感覚です。

 

この次元とは違う別の次元の時間軸にいるような感覚です。

 

次元は元々同時に同じ場所に存在をしているためその瞬間だけ脳のリミッターが外れて別の次元の時間軸を垣間見ている感覚です。

 

過去世の場合がとても多いのですが…

 

しかしその時代がいつの時代なのかどこの国なのか…はっきりわかることの方が少ないです。

 

中には『ピラミッド』のようにハッキリと場所がわかるものもありました。

 

過去世では現代と顔や性別が違っていても誰かを認識することができるのがとても不思議です。

 

わたしの場合は裸足で歩く石畳の感触や頬を撫でる暑い空気まで感じられ…まるでその場所に実際にいるような感覚になります。

 

こんな話をすると決まって『わたしの前世をみてください』と仰る方がいらっしゃいますが…

 

現世において、うまく生きられないような支障がある場合のみ過去世まで遡ってヒーリングをすることに効果がありますがそれ以外では全く意味がありません。

 

ヒーリングは興味本位で面白半分でするものではないからです。

 

『ヴィジョナリー過去生』

 

ヒーリングのセミナー参加者2人のそばにいたときのことでした。

 

突然2人の過去世でネイティヴアメリカンの姿が流れ込んできたことがありました。

 

視えた光景をそのまま伝えたところ…

後日女性から告白され2人は付き合うことになったそうです。

 

数ヶ月後に

女性は行きつけ?の占い師から『こんなに相性の良い人も珍しいから結婚をしなさい』との鑑定結果を男性に報告をしましたが…

 

2人は今世では結ばれませんでした。

 

過去世を知ることはヒーリングに役立てること以外に今世では意味がないということです。

 

『ヴィジョナリーご先祖さま』

 

こんなこともありました。

 

友人へのリーディング中の出来事…

 

友人の後ろに『着物姿』の年配の男性があらわれたのですが、友人に服装の説明をしなかったのです。

 

何故かというと…頭で考えてそんな格好の人が居るわけないと思ってしまったからです。

 

しかしどうしても気になって

最後に一言『なんか法被姿(はっぴすがた)みたいな長い着物を着た年配の男性が視えて…』途中まで伝えた時に

 

友人『それはわたしの祖父よ!着流しを着こなす粋な人だったのよ』と。(着流しを知らなかった…不知)

 

そのときに友人から言われたことは…

 

視えた光景ををそのまま伝えたら必ず相手がわかるからと。

 

それからは視えた光景をそのまま伝えることを心がけています。

 

 

『ヴィジョナリー未来』

あるときヒーリングのワークショップで

 

『引っ越しをしたいのでどんな物件に引っ越せばいいのかみてください』と言われたことがありました。

 

 

 

後日談…

 

『物件を探していた時に言われた通りの建物がありましたが事情があり、そこではない物件に決めざるを得なかったのです』

 

わたしはその言葉を聴いて『未来は決まっているわけではない』ことを知りました。

 

選択によって未来には無限の可能性があるということを学んだのです。

 

 

本当に切羽詰まった状況の人のみヒーリングセッションをお受けしているのですが…

 

わたしのヒーリング史上Best1驚いたことは…

 

結婚には程遠い絶体絶命で誰が聞いても成就不可能なヒーリングを受けたことがありました。

 

※ヒーリングで絶対にしてはいけないことがあります。特定の人のキモチを自分に向けるアプローチです。

ヒーリングも占術も相手の了解がなければ絶対にしてはいけません。絶対にです。

 

セッションが終わったときに未来?の映像が流れ込んできたのですが…そのときの絶体絶命の状況とは真逆の光景だったのです。

 

友人に言われた通りに『視えたままを正確』に伝えました。

 

『砂浜で白いタキシード姿の男性と白いウェディング姿の女性が視えるのと8という数字が視える』と。

 

その数年後にその相談者ご本人から聴いたのは…

 

 

『実は相談していた彼と結婚が決まり海外の教会で7月に挙式の予約をしたんです。親族の飛行機も予約を済ませたときに神父様から連絡が入り7月には挙式が行えないからと8月延期になったんですよ』

 

そんな不思議な体験が1人2人ではないのです。

 

(不思議な体験は物凄くたくさんあります)

 

周波数を高い波動に保つことが如何に重要なのか…

 

自分自身を含め、多くの人の体験を通して学ぶ機会に恵まれました。

 

その結果からわかったことが

恐れのエゴを手離し脳の制限を外し高い周波数を保つこと…それこそが唯一の鍵だったのです!

 

未来はひとつではなくあなたの今この瞬間の選択によって無限の可能性に溢れているのですから…!

<スポンサーリンク>

【まとめ】

 

  • クレアボヤント

 

脳の機能の使い方について

オーラとチャクラについて

オーラを見る方法について

 

 

  • ヴィジョナリー

クレアボヤントとヴィジョナリーの違いについて

ヒーリングにおけるヴィジョナリーについて

過去世と今世と未来について

 

恐れのegoを手離し脳の制限を外し高い周波数を保つことで未来はひとつではなく無限の可能性に満ち溢れている実例の紹介

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

“ライトワーカーはクレアボヤントスペックホルダー?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です