シューマン共振の周波数7.83㎐の効果は?波動が脳波に影響?

 

NASAの研究によって人間に不可欠な周波数であることが証明された『シューマン共振』をご存知でしょうか?

『シューマン共振』を起点とした周波数が『脳波をリラックスさせる方法』

『エネルギーヴァンパイア=奪う人』への対処法
『土地や空間や物を瞬時に浄化する方法』について詳しく解説をしましたので一緒に見ていきましょう!

 

 

シューマン共振の周波数7.83㎐の効果は?

 

倍音という言葉をご存知でしょうか?

鳴っている音の中で一番低い音の成分を「基音」といい、それ以外の成分を「上音」と呼びます。

倍音とは、上音の中で、周波数が基音の整数倍に該当する音のことを指します。

倍音の歴史はとても古く…

 

数学者のマラン・メルセンヌによって1636年に発見されました。
音の違いが周波数の違いだという事をご存知の方は少ないのではないでしょうか。
音の振動現象は『波形』という方法で見ることができます。

波形とは、音波だけでなく、電磁波などのさまざまな「波動」の伝わり方を表すものです。

波形の違いは「倍音」の含まれ方で決まります。

私たちが普段聞いている音の中には、様々な音が含まれています。

 

実際に耳には聞こえていなくても様々な音が鳴っています。

これを自然倍音といいます。

楽器に当てはめて考えてみると…

『倍音がないとどの楽器でも同じ音色』になるということなので、倍音のお陰で私達は楽器の演奏をすることが可能になる訳なのです

しかし…どんなに優れた楽器であっても演奏者の腕前によって

 

 

『倍音成分の組み合わせ』が耳障りな音や濁った音色になる可能性もありますので、全てが心地良いとは限らないということです。
そんな倍音の効果を1790年にカウンセリングに取り入れたのが…スコットランド医師・化学者であるウィリアム・カレン博士(1710年4月15日 – 1790年2月5日)です。
高音の振動が神経系の波形と低音の振動が血液循環の波形と同じ特徴があることを発見し着目をしました。
更に…空間を振動させることで人体に共鳴をさせリラックスを促進させる効果としてカウンセリングに活かした訳です。
現代でもかなり斬新なアプローチですが…
いまから200年以上も昔に画期的な研究やカウンセリングを試みたウィリアム・カレン医師が凄過ぎますね。
では…リラックス効果のある倍音をどのように取り入れれば良いのでしょうか。
地球には基本振動という「シューマン波」という周波数があります。

シューマン波は7.8ヘルツから8ヘルツの間で変動し

大自然(地球そのもの)には7.83Hzをはじめとするいく種かの定在波が存在しますが、その基本周波数が7.83Hzです。
地球を包む地場の共鳴周波数で「地球の脳波」とも呼ばれ、人は常にこの8(7.83)ヘルツの周波数と同調して生きていると考えられています。

実は…

NASAがシューマン周波数の研究を始めたきっかけは、月面着陸を果たしたアポロ11号の帰還者たちの症状が『宇宙酔い』と呼ばれる吐き気や不快感でした。

最終的にNASAは『宇宙飛行士たちの宇宙酔い』にシューマン周波数 7.83 Hz の欠如が原因であると突き止めます。

地球という本来の環境を離れ宇宙に出て行った場合、地球の生命にとって不可欠な水、空気、太陽、食物以外にNASAの科学者たちが見落としていたもの…

それが『シューマン周波数 7.83Hz』でした。

それ以降アメリカの宇宙船にはシューマン周波数発生装置が搭載されるようになり現在では諸外国でも常識になりました。

シューマン周波数発生器はAmazonで数千円で購入出来ます)

そして、この地球の振動周波数8Hz(7.83)の9段階目の倍音
8 16 32 64 128 256 512 1024 2048 4096Hz
4096ヘルツ(第9オクターブ)が天使界の扉を開くと言われ…空間や植物や小物類などの浄化作用があると考えられています。
8ヘルツというのは、地面と電離層の間で生まれる周波数、つまり地上界の音です。

9オクターブ上の音が何故『天界の扉を開く音色』と言われるのでしょうか?

一説によると…

古代より北欧神話やユダヤ教などでは9つの世界で成り立ち最上界に神々や天使が住んでいると考えられていて、古来の合唱などでも本来聞こえるはずのない高い声がしばしば聞かれる現象を『天使の声』と呼び、神秘的に語られてきた歴史まであります。
現在では倍音を聴取していたものと考えられています。
倍音には「1/fゆらぎ」があるとされ心地よいと感じることでヒーリング効果もあります。
音色が美しければ美しいほど心が癒されます。

ニューヨーク州立大学では長年の研究により『4096Hzが精神や中枢神経に働きかけて心身のバランスを正す』と見られていましたし

高いヒーリング効果やリラックス効果をもたらすとされ、世界各国の医療機関や教育機関をはじめセラピストや音楽療法等にも多く活用されてきました。
このように倍音には心身を癒す効果が高いため、瞑想を一定時間行ったのと同じ効果も得られるのです。
ここからは更に掘り下げてチャクラの浄化について一緒に見ていきましょう!

 

 

シューマン共振の周波数7.83㎐が波動に影響?

 

現在は、色々な機械が発する様々な周波数を持つ電磁波の影響でシューマン周波数以外の人工的な電磁波が脳や健康に与える影響がいろいろ言われています。

その中でも…シューマン周波数はそのような電磁波の影響を防ぎ心を落ち着かせる効果やリラクゼーション効果などが特に期待されています!
様々な周波数の電磁波の影響をシューマン共振が相殺されるからです。

私たち人間もエネルギーであり体内を流れる電子により特有の周波数を発しています。

 

詳しくはこちらの記事をお読みください(引き寄せの法則とは潜在意識の波動?悩みを消す5つの方法!)

 

では…その周波数の元となるエネルギーはどこからくるのでしょうか。

インド大陸の伝統的医学であるアーユルベーダという学問では…

人間には生まれながらにして本来備わってるエネルギーの入り口があると考えられてきました。

からだに備わっているエネルギーの入り口は全部で7つありチャクラと呼ばれています。

チャクラとは…

サンスクリット語の車輪を意味し

身体エネルギーの通り道にある関所のような役割でオーラという身体の周りを囲む光の虹の微細なエネルギー情報や全身を通過するエネルギーの流れを促進させます。

チャクラはエネルギーのセンターですが

このエネルギーセンサーに詰まりが生じることで良い気(プラーナ)を取り入れることができなくなります。

チャクラを活性化するためには

精神と肉体を統一し、自分自身を内観し『空=ゼロ=無』の状態の自分自身に戻るエゴの消滅を目的とします。
内観を通して自分の身体の感覚や精神状態をエゴの無いゼロの状態に戻すのです。

そうすることで

身体に7つあるとされるエネルギーセンターのチャクラのエネルギーの詰まりを解消し、肉体に良い気(プラーナ)を取り入れることができると考えられてきました。

人はよく『あなたからエネルギーをもらったわ』

という言葉を遣いますが…

この言葉を言い換えると

『あなたからエネルギーを奪ったわ』

人は上手くチャクラからエネルギーを取り入れられないと枯渇していることを本能的に感じています。

そういう人は知らず知らずのうちに人からエネルギーを奪うエネルギーヴァンパイアとなります。

一緒にいて疲弊してしまう人はいませんか?

凄く頼られて会うと体力を消耗してしまいヘトヘトに疲れてしまいます。

そういう人ほど自身のチャクラが閉塞しているため上手くエネルギーを循環させられていないのです。

 そんなエネルギーヴァンパイア(エネルギーを奪う人)と仕事などでどうしても会わなければならないときの対処法は…

このあとのチャクラの解説の後の方がわかりやすいので後半でご紹介しますね!

エゴの消失によるチャクラの活性化にはいろいろな方法がありますが…

場所を選ぶ音叉ヒーリングの解説に移る前に

場所を選ばず何処でも出来る方法としてご紹介をしたいのが『マインドフルネス瞑想』です。

マサチューセッツ大学医学校名誉教授のジョン・カバットジン(Jon Kabat-Zinn)博士が、慢性の痛みとの共存を目的とし「マインドフルネス瞑想」を医療分野に最初に取り入れたことが始まりでした。

特にアップルやグーグル、フォードなどの大企業が

社員研修の一環として『マインドフルネス瞑想』を導入したことでも有名です。

マインドフルネスのマインドフルとは『良い悪い』の価値判断をすることなく『今この瞬間』に注意を向けている心の状態です。

過去を回想し後悔することも…

まだ起きてもいない未来を心配して過ごすことも…

全て頭の中だけで起きています。

そんな騒がしい『脳内の声』を聞こえなくする方法のひとつが『マインドフルネス瞑想』なんです。

方法はとても簡単で『息の出入りを感じる』だけです。

ただ『呼吸』を感じる…たったこれだけなのです。

マインドフルネス(mindfulness)」という言葉は、仏教の経典で使われている古代インドの言語の「サティ(sati)」という言葉の英語訳として「心をとどめておくこと」あるいは「気づき」などと訳されます。

禅の本質である

『目的を手放した時に経験出来る心の充足』は
日本古来より茶道、華道、書道、武道…などにも受け継がれています。

科学的にも瞑想の効果は実証されていますが…

瞑想によりエゴを消失させることでチャクラの詰まりが取り除かれエネルギーがクリーンに活性化されると考えられています。

※参考までに下記にチャクラの意味や位置、名称、カラーも載せておきますね!

第1チャクラ(サンスクリット語のムーラダーラで『根を支える』という意味)

カラー:赤

場所 :尾てい骨の辺り

下肢、足、骨、歯、大腸、腎臓

第一チャクラは肉体的には生命エネルギーに強く関係しており、骨や骨格、足、大腸など。

内分泌系では副腎と関係すると言われ

抗炎症作用、抗アレルギー作用、細胞増殖や抑制などの肉体を安定させるためのシステムと解釈されている。

第2チャクラ(サンスクリット語のスヴァディシュターナで意味は甘さ)

カラー:オレンジ

場所:おへその下の丹田たんでん辺り

(卵巣、、子宮、精巣、生殖器、前立腺、泌尿器、膀胱、大腸、、腎臓、腰、骨盤、循環器系、毒素の排出と官能)

内分泌腺の生殖腺ホルモンを分泌させ、男性は男性らしく女性は女性らしく変化させる。

第3チャクラ(サンスクリット語のマニプーラで

『輝く宝石』という意味)

カラー:黄色

場所:胃の辺りの太陽神経叢

(太陽神経叢は太陽光線のように放射線状にさまざまな臓器(胃、腸、膵臓、肝臓、腎臓、胆嚢、消化器系、筋肉)

『第二の脳』と呼ばれている。

第4チャクラ(サンスクリット語のアナーハタで

意味は『2つのものが衝突することなく発せられる音』無条件の愛、真実の愛)

カラー:グリーン

場所:心臓ハートの辺り

(心臓、胸腺、肺、腕、手、循環器系)

第5チャクラ(サンスクリット語のヴィッシュダ。

意味は『浄化』)

カラー:ブルー喉の辺り

(甲状腺、喉、口、気管、食道、上皮小体、視床下部、首の骨、顎、歯など)
第6チャクラ(サンスクリット語のアージュニャー(Ajina)

意味は『知覚する』『指揮する』

『第三の目』を司る

カラー:藍色

場所:眉間(第3の目)の辺り

(脳、神経系、脳下垂体、松果体、頭、目)

第7チャクラ(サンスクリット語のサハスーラ。

意味は『千倍』

1000枚の花びらを持ち無限に咲き続ける蓮の花をあらわす。)

カラー:紫色

場所:頭頂部(脳、高次な脳である大脳皮質、松果体、皮膚)

クラウンチャクラのクラウンとは『王冠』王冠のチャクラとも呼ばれ王冠のように頭上に位置。

天から降りてくるエネルギーの入り口であり宇宙意識と一体化させる接触点

例えば…

『素直な気持ちを伝えられない』という問題を持つ場合エゴにより『喉のチャクラが詰まっている』と捉えることもできるわけです。

前述のエネルギーヴァンパイア(エネルギーを奪う人)への対処法ですが…

3番目のチャクラの太陽神経叢の胃の辺りからエネルギーを奪われるため出来る限り腕や手の平でナポレオンのように押さえ続けます

要は腕や手の平でエネルギーの流出を防御するわけです。

それだけで簡単に防げますよ!
是非お試しください!
ここからは周波数でエネルギーの詰まりを取り去りチャクラを活性化する方法について解説していきますね!

 

シューマン共振の周波数7.83㎐が脳波に影響?

 

今回ご紹介するのは『エンジェルチューナー』と呼ばれている音叉についてです。

冒頭にも書きましたが…

 

シューマン共振という8(7.83)ヘルツの地面と電離層の間で生まれる周波数の地上界の音より

9オクターブ上の音『天界の扉を開く音色』を使います。

 

エンジェルチューナーには通常3本がセットになっていて

 

・4096Hzは「聖ヤコブのはしご」

 

・4160Hzは「光の柱」

 

・4225Hzは「天国への階段」

このような別名で呼ばれることもあります。

 

 

では何故エンジェルチューナーでチャクラのクリーニングが可能なのでしょうか。

物理学においてアインシュタインの説いた

『この世界はすべてがエネルギーである。』

 

机も椅子も何もかもすべてです。

 

そして

わたし達人間も例外ではなくエネルギーなのです。

エネルギーはすべて周波数で成り立っています。

(詳しくはこちらの記事をお読みください引き寄せの法則とスピリチュアルの成功体験?幸せの法則!

 

エネルギーに溢れている高い周波数の状態のときには悩みもなく不安もなく安心に包まれチャクラは活性化している状態で健康です。

 

エネルギーが枯渇し元気の無い低い周波数の状態のとき、身体のエネルギーセンターであるチャクラはうまく動かない不活発な状態になります。

チャクラが詰まって機能していない状態です。

 

 

低い周波数を高い周波数にチェンジする方法が『エンジェルチューナー』によるチューニングなのです。

 

何故なら…わたしたち人間も周波数を持つエネルギーだからです。

 

使い方は簡単で3本のエンジェルチューナーを両手に持ち静かに打ち鳴らし耳元で音色を聴くだけです。

 

先程人間の身体も周波数を持つエネルギーとお伝えしましたが、目に見えないので信じられない方もいらっしゃるとおもいます。

 

人間の身体の大半が水分だということは周知の事実だとおもいます。

 

コップにお水を八分目ほど入れてテーブルの上に置きますね。

 

そのコップを『人間の脳や身体』だと思って

お水の入ったコップのすぐ近くでエンジェルチューナーの音色を響かせてみてください。

 

水に波紋が広がります。

水に波紋が起きた状態がエンジェルチューナーの周波数の影響だということは一目瞭然です。

音によるヒーリングの原理です。

 

 

今回はエンジェルチューナーという高い周波数の音叉をご紹介しましたが様々なタイプの音叉があります。

ソルフェジオ周波数という528Hzは細胞を修復すると言われていますし…

 

 

 

余談ですが…

 

わたしは人の大勢出入りをするカラオケ店やホテルや旅館にエンジェルチューナー4096Hz と小さな水晶のポイントをひとつ持っていきます。

水晶の先端を浄化をしたい場所に向けて根元を音叉で一打ちします。

 

 

そのまま音叉の音を響かせた状態のまま水晶の根本部分の周りに旋回をさせながら部屋全体にポイントを向けて浄化をしていきます。

 

ヒーリングメソッドで場の浄化をするよりも簡単に一瞬で滞って淀んでいるエネルギーをクリーンにすることが可能です。

 

空気感が瞬時に変わりますよ!

 

周波数は引き寄せの法則の最も大切な原理なので是非これから意識をしてみてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

•倍音の効果で人体を癒す方法について

•シューマン波という地球の基本周波数7.83Hzの欠如が『宇宙飛行士の『宇宙酔い』の原因とNASAが突き止めたこと

•エネルギーヴァンパイアへの対処法

•4096ヘルツ(第9オクターブ)での空間や植物や小物類の浄化作用

•チャクラについて

•周波数でチャクラをクリーニングする方法と原理について

世界はすべてがエネルギーの周波数で成り立っています。

そして…

『引き寄せの法則』で最も大切な『高い周波数』を維持するために、脳波をシータ波やデルタ波のリラックス状態に変換する方法としてエンジェルチューナーを使った安全で簡単な方法とエネルギーヴァンパイア(エネルギーを奪う人)への対処法をお伝えしました。

高次元の高い周波数に繋がり続け 最高の幸せを引き寄せ素敵な体験ができますように!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です